吾輩はズボラなるままに

中2、小5、小3の3児のママです。子ども全員明るく不登校中。ズボラ万歳で過ごしています!

明るい色を身につける

30年以上昔、私が初めて行った外国は、イギリス。

 

そこで、驚いたことの1つが、年を重ねた人ほど、原色や、派手なデザインの服を着ていたこと。

 

当時の日本は、年を重ねた人が、そういうものを身につけるのは、みっともないという風潮だったと記憶する。

 

帰国して、そのことを、両親に話したところ「肌が白い、黒い人は、原色が似合うのだ」「目鼻立ちのハッキリした人だからこそ、似合うのだ」と一蹴された。

 

私も、そんなものかと、反論することもなかった。

 

しかし、私も年を重ねた部類に入った頃、電車の中吊り広告で「年を重ねたからこそ、明るい色を身につけよう」というのを見つけた。

 

ファッション雑誌の広告だったろうか。

 

理由は、肌がくすんでくるのに、更に、暗い色の服を着ていたら、更にくすんで見えるから。

 

なるほどねぇ。確かに。

 

自宅のクローゼットを開け、己の服を改めて見ると、黒と白、紺、灰色しかない。

 

肌は、改めてみるまでもなく、くすんでいる。

 

そこから、少しずつ、明るい色のものを選ぶようにしてみた。

 

最初は、マフラーや、スカーフあたりから。

 

洋服の上も下も明るい色にするほどの度胸も、センスもないから、上下どちらかを、明るい色のものを少しずつ増やした。

 

夏服は、下を明るく。

 

黄色のスカートを買ったときは、冒険だったけれど、案外、出番は多くて。

 

冬服は、上を明るく。

 

この冬、赤いニットを買った。

 

真っ赤は、まだ勇気がなくて、暗めの赤。

 

着てみたら、子どもたちが誉めてくれてので、気分よし。

 

実は、それに合いそうな、赤っぽいスカートを見つけた。

 

買おうかどうか迷っている。

 

明るい色の服が、我が肌のくすみの改善になっているのかは不明だけれど、心のくすみは改善されている気がする。

 

鏡の前に立って「まぁまぁ、私、いいじゃん!」と思えているから。

 

図々しさと、老眼でそう見えてるだけ?

 

それでもいいじゃん、まぁいいじゃん。