吾輩はズボラなるままに

中2、小5、小3の3児のママです。子ども全員明るく不登校中。ズボラ万歳で過ごしています!

私の休日

先日、帰宅した夫が急に言った。

「今度の月曜日に有給とって、1日家のことと、子どもたちの面倒みるよ」

 

結婚して20年。

 

私から頼んで、もしくは強行突破で、家事や育児を頼んだことはあるが、夫自ら言い出したのは初めて。

 

すわ、明日は、巨大隕石落下か、宇宙人襲来か。

 

いやとにかく、こうして、月曜日、私は家事と育児から解放されることが決まった。

 

しかし、ワンオペ育児が当たり前の我が家で、子どもたちは、大いに戸惑った。

 

「オレ、フリースクール行けるのぉ?」

「お弁当は?」

「お母さんいなくなるの?」

「どこ行くの?」

「何しに行くの?」

「何時に帰ってくるの?」

 

そんな言葉に

「お父さんとよく話し合って」

「お父さんも大人だから、大丈夫。出来るから」

と何度も返しながら、月曜日の昼前、私は家を出た。

 

さて。

 

行き先を数日前から考えたが、結局、1人で映画館に行きたかった。

 

玄関を出るまで、あんなに引かれた後ろ髪は、外に出た瞬間、誰も引っ張ってはいなかった。

 

映画館まで小一時間、歩いた。

 

長いかなと思った道のりは、あっという間。

 

映画館では、サスペンス&ヒューマン映画を2本みて、続けて大ヒット中のものもと思ったが、やめた。

 

ゆっくり食事をして、ブックカフェに行き、みた映画のラストを思い出したり、本を読んでいたら、閉店時間

 

帰りは、電車に乗って帰った。

 

面白いもので、こうやって外に出た日は、家のことはほぼ思い出さない。

 

一人を没頭できる。私、意外と冷たい人間?いや、切り替え上手?ってことにしとこ。

 

家が見えてきて、ようやく私本来の、母&妻の役職モードに戻ってきた。

 

エレベーターに乗ろうとしたら、駐車場に、家の車がとまるのが見えた。

 

近づいていくと、子どもたちと夫がワイワイ言いながらおりてきた。

 

私を見つけた9才息子が「あれ?何してんの?」

 

11才の娘も「もう帰ってきたの?」

 

13才の息子に至っては「久々の焼き肉は、最高だわぁ」と、私の前を素通り。

 

彼らの後ろを歩きながら、ふと上を見上げたら、夫が朝に干した洗濯物が、真っ暗なベランダで風に吹かれていた。

 

子どもたちは、エレベーターを待ちながら、ワイワイ騒いでいる。

 

ほらね、やっぱり。

 

こうなる。

 

まったく、あの出かける前の、子どもたちの「不安です」「早く帰ってきて」のあれは、いったい何だったのかね?

 

皆が笑顔でなによりだ

 

そう感じた。月曜日だった。